敷金や礼金をチェック

マンション住まいに払うお金を抑えるためには賃料だけではなくて、それ以外の費用を抑えることも大事です。多くの賃貸物件では初期費用として敷金や礼金がかかってしまいます。これらは家賃の1ヶ月分から2ヶ月分として設定されていることが多いです。これはかなりの出費となってしまうでしょう。これを抑えることができれば、かなりの節約となります。

最近は敷金や礼金を設定しないという物件が増えています。もしできるだけお金を出したくないならば、敷金や礼金のない物件を見つけると良いでしょう。敷金というのはその住まいを退去する際に原状回復するために使われることになるお金です。そのため、場合によっては戻ってくることもあります。一方、礼金というのは基本的に戻ってきません。このような敷金や礼金というのは、本来なくても良いものでしょう。これらが設定されている物件を嫌うという方も増えています。そのため、敷金や礼金のない物件がどんどん出てきているのです。

賃料をできるだけ抑えて、なおかつ初期費用も抑えることによって、住まいにかかるお金をかなり節約できるでしょう。敷金礼金については、たとえばシェアハウスの場合はこれらが設定されていない物件が多いためおすすめです。大型シェアハウスの「DK HOUSE」では家具家電つきで新生活を始めるのに最適です。また、気になっている敷金や礼金がありませんので、初期費用がグッと抑えられます。

家具&家電付きなので
楽々新生活を。
敷金&礼金も当然¥0。
DKハウスは全室家具家電付きで、トランクケースのみで即入居できます。

これから新生活を始める人にとっては、この初期費用が抑えられるというポイントは非常に嬉しいサービスです。最近では礼金が無いところは増えてきたように感じますが、敷金もナシというのはまだまだ珍しいことかもしれません。こうした物件もありますので、是非検討してみると良いでしょう。